日本でもブームの予感!? ヴィンテージ水上バイク

JS550やJS440といった往年の名艇が、色鮮やかに蘇る

OUT A TIMEに展示されたヴィンテージ水上バイクJS550

海外、特にアメリカではこの数年、水上バイクでもヴィンテージがにわかに盛り上がりを見せはじめていた。

二輪や四輪ではすでに確立されたカルチャーといえるが、国内では2019年11月に開催されたヴィンテージ水上バイクのカスタムショー〈OUT A TIME〉が、ヴィンテージを大々的に打ち出したはじめてのイベントとなった。

会場には数多くの名艇が展示されたが、仕掛け人の村尾高明の言葉を借りれば「懐かしいけど古くさくない」装いにリメイク。

ヴィンテージだけど新しさすら感じさせるそれらのヴィンテージ艇を、ここでは紹介していこう。

クラシックマシンと最先端パーツの融合

OUT A TIMEに展示されたヴィンテージ水上バイクJS550

コンテストの優勝艇に輝いたJS550。表面の写り込みを見てもらえばわかるとおり、塗装にもかなりの手間とお金がかかっている。

メルセデスにも採用されるブルーグレーのカラーリングとあいまって、30年近くも前のモデルとは思えない完成度。

OUT A TIMEに展示されたヴィンテージ水上バイクJS550
ハンドル周りは最先端のパーツを惜しみなく使用。最新のハンドルポールを取り付けるためのブラケットは、村尾さんが製作。
OUT A TIMEに展示されたヴィンテージ水上バイクJS550
本気で走りを重視したいというオーナーの要望どおり、今となっては貴重なPJSのコンプリートエンジンを搭載している。
OUT A TIMEに展示されたヴィンテージ水上バイクJS550
オーナーの飯田洋右さん。
OUT A TIMEに展示されたヴィンテージ水上バイクJS550
赤はあまり好きじゃない、とオーナーの飯田さんは言うが、「村尾さんに任せたらこうなった」とか。とはいえ、出来映えには満足しているという。

次ページ:1987年生まれのJS550とダットサントラック

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら