生駒 淳の国内レース参戦記#1|JJSF第1・2戦&セレクションレース

2020年7月11日(土)【レース初日】
コロナ自粛で体力低下!?

生駒 淳の国内レース参戦記

7時にホテルのロビーに集合して出発。コンビニに寄ってからレース会場に入り、8時からのライダーズミーティングに参加。今回はJJSFシリーズの初戦ということもあり、大南会長からの挨拶もありました。

そしてミーティング後は、JJSFレースのグリッド抽選です。自分が引いたのは12人中9番で、かなりハズレ。選択肢は少なく、アウトのイン側から4番目を選びました。

そのあとはさっそくプラクティスランです。各クラスごとに走るのですが、自分は1クラス分だけ走って終了。コースは前日に走って覚えているので、軽くマシンをチェックする程度で済ませました。

今大会は出場者が少なく、6ヒートしかないので忙しくなります。最初はWOMEN SKI・A SKIのレースで、自分のPRO R/A OPENは2番目のヒートでした。

グリッドに並び、最初の課題はスタートです。というのも、去年のレースではターボ艇に乗っていたので、スタートではアクセルを一杯まで握ってアンチラグボタンを押し続け、合図と当時にボタンを放すという手順でしたが、今回は久しぶりのスーパーチャージャー艇。エンジン回転数を、自分で合わせなければなりません。ただし、このマシンにとって何回転がベストなのかをテストしていないので、加減がまったくわからず。こんな感じかな? とスタートしたら思いのほか上手くいったのですが、1ブイまでにドンドン抜かれ、ビリまで落ちました。

想像以上の遅さ(笑)。

しかしそこから粘り、アウトコースの3番手まであがり、合流では6位ぐらい。10周あれば、十分にトップを狙える位置です。しかも好都合なことに、海面は荒れています。

5周目ぐらいで3位まであがりましたが、波ではねた時にアクセルを戻したらエンジンが止まってしまい、5位まで転落。次の周でもう一度3位まで巻き返しましたが、8周目でまたエンジンが止まってしまい、順位を落とすことに──。

このマシン、まったくアイドリングしないのです。

常にアクセルを開けていないと、エンジンが止まってしまいます。アクセルを戻さないように意識しながら、なんとか次周で抜き返し、3位でゴール。苦労はしましたが精一杯走って、なんとか表彰台を獲得できました。

ところがゴール後のインスペクションで、けん引ロープが外れていることが発覚し、まさかの失格。レース前に急いでつけたロープが外れてしまったようです(泣)。

落ち込む暇もなく、すぐさまセレクションレースのPRO R/A GPです。

スターティンググリッドは、アウトコースのインから2番目。
スタートは上手くいったのですが、外から抜かれ、アウトの2番手で合流4位に。ホームストレートで1台抜いて3位にあがり、3周目に2位のマシンがイレイザーブイを回ったため、ホームストレートで並びかけ、ストレートエンドで抜いて2位に上がりました。最後までこの順位をキープして、2位でゴール。

昼休憩にはメカニックのみんながマシンをチェックしてくれましたが、ノントラブルで、クラッチ交換だけで済みました。ただし、マシンは無事でしたが、自分は疲労困憊で、かなりしんどい……。

いくら波があったとはいえ、2レース合計で22周を走ったぐらいで、ここまでヘトヘトになるとは……。コロナ自粛もあり、体がなまっていたんですね。SKIでは練習していたのですが、やっぱりランナ乗りはランナに乗らないとダメですね(笑)。

午後のレースの前にポイントを確認すると、JJSFのレースは次で1位になったとしても、ビリ確定。燃料、クラッチ、体の消耗を考えると走るのは得策ではないという結論になり、JJSFのヒート2は欠場することに。ヒート1を2位で走り終えたセレクションレースに照準を絞って、体力の回復を図ります。

セレクションレースのヒート2は、インのインからスタート。JJSFのヒート2を休んだおかけで、体力も少し回復しました。スタートはバッチリ決まりましたが、外からかぶされてインの2番手。合流は4位でした。

2周目に1台抜いて3位になり、3周目にまた1台抜いて2位に。

その後はヒート1と同様に、ペースを落とさず順位をキープして、2位でゴール。レース後にMOTECのGPSを確認してみると、レース海面で自分のマシンは121km/hしか出ていないので決して速くはないのですが、波があれば後半に追いあげて、2位までは行けることが分かりました。コスパを考えたら、文句のない結果です。

そしてレース終了後は、この日の表彰式です。今回は土曜日が第1戦、日曜日が第2戦なので、表彰式もそれぞれおこなわれます。自分の結果はJJSFレースがビリで、セレクションレースが2位でした。

次ページ:総合優勝!! のはずが……

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら