生駒 淳の国内レース参戦記#1|JJSF第1・2戦&セレクションレース

2020年7月12日(日)【レース2日目】
総合優勝!! のはずが……

生駒 淳の国内レース参戦記

朝6時半にホテルで朝食を食べて、コンビニに寄ってからレース会場へ。ライダーズミーティング後は、プラクティスランです。今回もJJSF用のマシンを軽く走らせて、コース確認だけで終わりにしました。

この日も風は強かったのですが、波がありません。自分のマシンには、かなり不利な状況です。

JJSFのPRO R/A OPENのスターティンググリッドはアウトの2番目で、スタートは良かったのですが、1ブイまでに全艇に抜かれるという事態に。

さて、どうしましょう?

と思いながら、じっくり周りのマシンのラインを観察。イン側から抜いてアウトの3番手で合流し、1周目を終えて5位か6位ぐらいだったと思います。

その後は順調に3位まではあがれたのですが、それ以上は波がないので思うようには抜けず、そのままのゴール。やっぱり波がないと、マシン性能の差が歴然とでてしまいますね。

次のセレクションレースは、インのインからのスタート。スタート後にアウトからかぶされてインの2番手で、合流は4位でした。なんとか2位まであがりましたが、途中、アウトコース有利なのにインコースばかりを攻めてしまい、1台に抜かれて3位でゴール。午後のレースでは、波がでてくれることを祈るばかりです。

午後もJJSFレースからはじまり、スタートがインコースのインから2番目。やっぱり1ブイまでに抜かれまくりましたが、イン側にいたので、運よくインの2番手で合流も2位でした。午前中より波もあったので1位まであがり、その後は、うしろを気にしながらセレクションレースのために体力を温存しつつ、ようやく今年初のトップフィニッシュです。

続くセレクションレースは、グリッドがインのイン。スタート後の合流はインコースの2番手で、総合は5位。途中で1台抜き、4位まではあがれたのですが、そのあとは前を走るマシンがなかなか抜けず、そのまま4位でゴールとなりました。

その後の表彰式で、JJSF PRO R/A OPENが2位。これは納得ですが、セレクションレースのPRO R/A GPでは1位で自分の名前が呼ばれてビックリ。なぜ自分が1位なのかわからなかったのですが、どうやら1位の選手が失格になり、繰りあげになったようです。

というわけで今回のリザルトをおさらいすると、土曜日(第1戦)はJJSFのPRO R/A OPENが失格、セレクションレースのPRO R/A GPがが2位。日曜日(第2戦)はJJSFが2位、セレクションレースが1位となりました。

と思っていたのですが、レース終了から1週間後に主催者から連絡があり、セレクションレースのポイント計算にミスがあったとか。正しくは自分が2位で、2位だったひとが1位ということでした。

こんなこともあるんですね(笑)。

次戦は計算ミスがおこる余地もないように、全ヒートトップで確実に1位を狙って行きたいと思います!!

#1 Pound one
#86 生駒 淳

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら