マリンスポーツと水上バイク|共存のために、知っておくコト、気をつけるコト

共存のために、相手の立場で考える

SUP(スタンドアップパドルボード)

水上バイクが他のマリンスポーツに対してもっとも意識すべきは、相手を優先し、できるだけ近づかないこと。

狭い河川などでやむを得ず接近する場合は、ひき波が立たないように速度を8km/h 以下に落とすことだ。

水上バイクが前を横切ると……

ウィンドサーフィン ウィンドサーフィン ウィンドサーフィン ウィンドサーフィン

水上バイクが行き交うと……

SUP(スタンドアップパドルボード) SUP(スタンドアップパドルボード) SUP(スタンドアップパドルボード) SUP(スタンドアップパドルボード)

水上バイクがターンすると……

カヌー カヌー カヌー カヌー

※十分な安全管理のもとで撮影しています

また相手の死角にいる場合は、相手が自分に気づいていないことを前提にし、その動きに注意しよう。急に前にでたり、スプレーやひき波をあてないようにも注意。

水上バイクとウィンドサーフィン 水上バイクとSUP(スタンドアップパドルボード)

ここで紹介したSUP やカヌー、ウインドサーフィン以外にも、ヨットやサーフィン、釣りや遊泳、ダイビングや潮干狩りなど、海や水辺の楽しみはさまざまにある。

それらすべてを仲間と認識し、相手の立場になって、相手を尊重してモノゴトを考えてみよう。

そして冒頭の写真のように、他のマリンスポーツと良好な関係を築いてほしい。

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら