2020カワサキジェットスキー「STX 160」シリーズ試乗インプレ

STX160LXタンデム

継承と進化

STX 160シリーズの生みの親である、開発リーダーの新城外志夫さんの言葉を借りるなら「間口を広げる」。新生STX 160シリーズを表現するには、この言葉がしっくりくる。オーディオが付いたり(STX 160LXのみ標準装備)、安定性が増したり、使いやすくなったりと、快適性の向上を狙った変更点が多いのは一目瞭然。ライディングポジションの変更もその一環で、「イマドキ」のモデルへとブラッシュアップされたようにも感じられる。今、多くのユーザーが水上バイクに求めるのはそういうことなのだろう。誰でも快適に乗れるようなモデルにすることで、エントリーユーザーもさらに親しみやすくなったはずだ。これにより間口が広がったのはたしかだが、単純に快適性を向上しただけかと言われれば、その答えはノー。STX 160 シリーズには、歴代STX が備えたスポーツ性もしっかりと継承されている。

ジェットサウンド
Bluetoothで接続可能なオーディオシステムを採用。
スピーカー
スピーカーはULTRAシリーズと同型が採用されている。
USBポート
USBメモリとAUXでの音楽再生やFMラジオの視聴も可能。
リアデッキ
フットエリアへの浸水を低減する新開発のデッキ形状。
ラグジャリーシート
160LXには快適性の高いラグジャリーシートを採用。
スライド&リフトシート
シートを外さずに荷物が取り出せるスライド&リフトシート。

STX 160Xタンデム

ライポジの変更でまったく新しい乗り味に

新開発のデッキによりライディングポジションが劇的に変化しており、高い快適性を実現するSTX 160 シリーズ。しかしそのハルには、15F のものが「あえて」そのまま使用されている。「ハルは色々試しましたが、変えないことが正解だったと思っています。エントリーのお客さまはもちろんですが、これまでSTX に乗ってくださっていたお客さまにも(このモデルを)選んでほしかったので、従来の乗り味はどうしても残したかったんです。このハルは練習してうまくなったらもっと速く走れたり、そういう奥深さがありますから。ビギナーでもある程度乗りやすく、それでいてベテランでも楽しめるモデルを目指したときに、15F のハルを選ぶという結論になりました」

STX 160LX後方からの外観
レーシーではなくゆったり乗れるライポジに変更。
フットエリア
フットエリアは幅広で自由度の高いスタンスが可能。
ハンドル周り
ハンドル幅も広くなり、より軽快なハンドリングが可能に。
エンジンルーム
エンジンは基本的にSX-Rと同様(写真はSX-R)。
スロットルレバー
完全ワイヤーレスの電子制御スロットルを採用。
STX 160LX外観
エントリーモデルながら高級感のあるデザイン。

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら