2019-2020 FISH PROオーナーも必見!オプション装備で、もっと釣りを楽しく、快適に

BRPシードゥの2021年モデルが発表され、新たなオプション装備も、多数登場した。

そのなかには2019-2020年モデルFISH PROに装着可能な、釣行をさらに楽しく、快適にしてくれるオプションもあるので、オーナーはぜひチェックしてほしい。

LinQ 51L Cooler Extension
36,500円+税

2021 BRP SEA-DOO FISH PRO 170

FISH PRO純正のLinQ 51Lフィッシング用クーラーの容量を拡張する、クーラー・エクステンション。工具不要で取り外しが可能で、容量は20リットル。装着すれば空間が上下2つになるので、下段は氷と釣った魚、上段はタックルや飲食物というように、一緒にしたくないものを分けて収納できる。これで、ペシャンコにつぶれて魚臭くなったサンドイッチとおさらばだ!!

LinQフィッシング用クーラーエクステンション
クーラー・エクステンションを装着すると、容量は合計71リットルとなる。2021年モデルFISH PROでもオプション扱いなので、別途購入する必要がある。
LinQフィッシング用クーラーエクステンション
2019年モデルFISH PROの白いクーラーボックスにも装着可能。エクステンションはグレーだが、違和感はない。※画像は編集部が合成したものでイメージ

 

LinQ Front Supports
2,980円+税(片側)

2021年モデルでは左右1セットが標準装備となるLinQフロントサポート。ドライバーの手元にロッドホルダーやカップホルダーを装着できるので、釣りが捗ること間違いなしの便利なアイテムだ。


オプションで購入の場合は右用・左用があり、価格は片側の値段となる。
※ロッドホルダーやカップホルダーは別売り
※取付費用別途

2019-2020年モデルFISH PROはもちろん、2018年以降のRXT、RXT-X、GTX、WAKE PROにも装着可能だ。

LinQ Cup Holder
4,870円+税(1個)

LinQカップホルダー

世界的に釣り人からの要望が多かったという、カップホルダーがオプション装備で登場。LinQフィッシング用クーラーやLinQフロントサポートに装着できる。

2021年モデルFISH PROには、標準で1個が付属。

2019-2020年モデルのLinQフィッシング用クーラーにも装着可能だ。

Speed Tie(FISH PRO用)
25,900円+税

2021年からリニューアルされた、自動巻き取り式係留ロープ『スピード・タイ』は、2021年モデルFISH PROでもオプション扱いとなっている。

ロープを引き出して使用し、使用後はロープを自動で巻き取ってくれるので、ポンプに係留ロープを吸い込むリスクも低いといえるだろう。

FISH PRO用は右サイドガンネルに装着するタイプとなり、ロープは6.35mm径、長さ5.5mとなる。

冬の釣行に役立つ、FISH PROオプション

2021年の新製品ではないが、冬の釣行に役立つオプションも併せて紹介しておこう。

ウインド・ディフレクター
16,100円+税

ウインドディフレクター

グリップを握った手にかかる水しぶきや風を遮り、体温低下を軽減するウインド・ディフレクター。魚探には干渉しないものの、多少、操作しづらくなる。

ヒーテッド・グリップ
32,000円+税

ヒーテッドグリップ

グリップ自体が発熱して、手の冷えを軽減。もちろん、電源はオフにできるので、夏場もそのまま使用できる。

左手側グリップの根本に操作スイッチと設定温度を示すランプがあり、エンジンを始動して3秒長押しすると、ヒーターが起動。スイッチを押すたびに、設定温度がかわる。なおこのヒーターはバッテリーから電源を取っており、バッテリーの電圧が低下しているとランプが紫色に点滅して警告。5秒以上12.5Vを下回ると、自動で電源オフとなる。使用時はかなりの電力を消費するので万が一に備え、追加のバッテリーを搭載することをオススメしたい。

温度設定は、ブルー(最低)→グリーン→イエロー→オレンジ→レッド(最高)の5段階。なお編集部のテストでは、最高設定(レッド)でグリップの温度が33℃まで上昇。冬場に心強い味方となってくれるのは、間違いない。

BRPジャパン

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら