【ゲレンデ情報】利根川/赤岩ゲレンデで水上バイクを利用するみなさんへ

利根川赤岩ゲレンデを利用する際に水上バイクユーザーに守ってほしい7つのマナーが群馬県千代田町のシーバード千代田より発表

北関東の水上バイクユーザーに人気の利根川/赤岩ゲレンデの利用が、6月16日(火)より再開されるようです。


PWC Pro Shop U.M.E. Facebookより

それに際して、群馬県千代田町に拠点を置くシーバード千代田より、水上バイクユーザーのみなさんに「守ってほしい7つのマナー」が発表されました。

利根川/赤岩ゲレンデを利用する水上バイクユーザーのみなさんは、これからもこの場所で水上バイクを楽しむために、最低限この7つのマナーを守るよう心がけましょう。

利根川/赤岩ゲレンデ利用の際に守ってほしい7つのマナー

  1. ゴミはかならず各自で持ち帰りましょう
    みんなのゲレンデです。来たときよりもキレイにして帰りましょう。
  2. ライフジャケットの着用・免許証の携帯
    水上バイクを操縦する際、運転手と同乗者はかならずライフジャケットを着用しましょう。また、有効な海技免許・船舶検査証を携行してください。
  3. 飲酒運転の禁止
    お酒を飲んだら水上バイクの運転は絶対に禁止です。
  4. 自動車で河川敷へ乗り入れる際はかならず徐行
    河川敷に乗り入れる際は、スピードを出さずに徐行してください。また、クルマやバイクで堤防斜面を走ってはいけません。
  5. 赤岩渡船の航行を妨げない
    赤岩渡船の航路に入り、航行を妨げてはいけません。
  6. 迷惑行為をしない
    ・夜間の花火など、大声で騒いで地域住民の迷惑になる行為をしない。
    ・マフラーなどを改造した水上バイクを使用しない。
    ・危険な操縦はしない。
    ・早朝にエンジンをかけたり、空ぶかしをしない。
    ・非動力船や釣り人に近寄らない。または安全のために徐行する。
    ・桟橋などの構造物を作らない。
    ・直火でバーベキューやたき火を行わない。
  7. スロープはみんなで使いましょう
    特定のグループや人で独占的に利用してはいけません。

利根川赤岩ゲレンデを利用する際に水上バイクユーザーに守ってほしい7つのマナーが群馬県千代田町のシーバード千代田より発表

シーバード千代田(マリンメカニック埼玉)

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら