PW安全協会│水上オートバイを楽しむ皆さまへ

水上オートバイを楽しむ皆さまへ
ご協力のお願い

水上バイクメーカーおよび販売店、愛好家が主体となり、水上バイクの安全啓発活動をおこなっているNPO法人パーソナルウォータークラフト安全協会(PWSA)[略称:PW安全協会]では、新型コロナウイルス感染予防と拡大防止のため、水上バイクユーザーに対し、協力を呼びかけている。PW安全協会から発表された内容は、以下のとおり。

PW安全協会

(以下、上記内容の書き起こし)

新型コロナウイルス感染予防と拡大防止のため、そして誰もが水上オートバイを楽しみ、ゲレンデ周辺地域にお住まいの方々に安心していただくためには、『新しい生活様式』に則した行動が求められます。

水上オートバイは、海や川、湖などでストレスフリーを感じられる、爽快で魅力的なマリンスポーツです。

だからこそゲレンデで楽しむ大切な時間が、誰かの感染リスクを高める、誰かに不安を感じさせるものであってはなりません。

一緒に水上オートバイを楽しむ仲間はもちろん、その地域に暮らす方々への配慮も忘れないようにしましょう。

日々、状況は変化しています。

出航前にはかならず最新の地域のルールを、販売店・ゲレンデ管理者に確認してください。

  • 体調管理に努め、体調不良なら乗らない
    自宅を出る前に体温を測りましょう。体調に不安がある場合は、外出を控えましょう。
  • 陸上ではマスクを着用し、こまめに手洗い消毒を
    屋外で他者との距離が確保できる場合は、マスクを外して熱中症を予防しましょう。
  • 屋内では3密(密閉・密集・密接)を回避
    クルマでの移動も含め、更衣室、シャワールームなど屋内では3密を回避しましょう。
  • 屋外でも密集、密接を回避
    砂浜での休憩や食事の際も、密集、密接を避ける。大声での会話は慎みましょう。
  • タンデムは、なるべく身近なひとと
    いつ、誰とタンデムしたか記録を残し、相手と連絡先を交換しておきましょう。
  • 混雑する場所、時間を避ける
    販売店やマリーナ、ゲレンデは時間をずらすなど、混雑を回避して利用しましょう。

未開設でも、海水浴場への進入・上陸は避けましょう

遊泳者がいるかもしれません。付近を航行する際は、細心の注意を払ってください。

NPO法人パーソナルウォータークラフト安全協会

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら