釣り人の楽園!! 沖縄の水上バイクフィッシング

沖縄で水上バイクからアカジンミーバイ(スジアラ)を釣る

ビーチリゾートだけじゃない。釣り人にとっても沖縄は楽園だ!

沖縄といえば? という質問に、あなたならどう答えますか?

多くのひとが「美しい海とビーチ」と答えるのではないだろうか。国内外から人気を集める南国リゾートだけに、ある意味それが正解。

しかし、沖縄の魅力がそれだけではないのもまた事実。

ガーラ(ロウニンアジ)をはじめとした巨大魚が狙えたり、魚影が濃く沖縄特有の魚が釣れるため、釣り人からもアツい視線が送られる場所でもある。

水上バイクフィッシングを楽しむひとも大勢いるわけだが、では、そんなうちなーんちゅ(沖縄のひと)がどのように釣りを楽しんでいるのか、気になりませんか?

沖縄で水上バイクフィッシングを楽しむオートヒラカワ釣り部の皆さん
撮影に協力してくれたのは、沖縄県うるま市の水上バイクショップ、オートヒラカワ釣り部のみなさん。

沖縄だからできる、水上バイクフィッシングの楽しみ方

爆風のため風を避けられるポイントへ、というのはよくあることだが、周辺に離島が点在し地形的にも風裏となる場所が多い沖縄では、「この風向きならここで、この魚を狙おう」と臨機応変に対応できる。

またうねりが入ってリーフ外の海が荒れていたとしても、リーフ内の浅場は比較的穏やかなこともあるため、どこかしらでは釣りができるようだ。

浅い場所ではたいした魚が釣れないのでは? と思うかもしれないが、沖縄三大高級魚と呼ばれるマクブ(シロクラベラ)や大型のタマン(ハマフエフキ)が釣れるポイントもあり、リーフ内でも十分楽しめる。

沖縄での水上バイクフィッシングで三大高級魚のマクブを釣り上げる
沖縄で三大高級魚と言われるマクブ(シロクラベラ)。

沖縄での水上バイクフィッシングで特大のタマンを釣り上げる
FISH PROで釣り上げた特大のタマン(ハマフエフキ)。

沖縄での水上バイクフィッシングで三大高級魚のアカジンミーバイを釣り上げる
ひと目で南国の魚とわかるアカジンミーバイ(スジアラ)も三大高級魚のひとつ。

そしてこれはやまとんちゅ(本州のひと)目線だが、沖縄の美しい海で水上バイクフィッシングが楽しめるだけでも、うらやましい限りである。

エメラルドの世界でロッドを振るだけで、気分が高まることは間違いないだろう。

まあ、うちなーんちゅのみさなんにとってはこの海がアタリマエなので、なんてことはないのだろうけれども。

沖縄の美しい海で水上バイクフィッシングを楽しむオートヒラカワ釣り部のメンバー
リーフ内の水深が浅い場所には、エメラルドグリーンの海が広がる。

海岸線には風光明媚な景色が広がる沖縄の海
ポイント移動の道中に、風光明媚な海岸線の景色が楽しめる。

沖縄の美しい海で、沖縄の地の利を活かして、沖縄らしい魚を釣る。

うちなーんちゅの水上バイクフィッシングライフは、我々やまとんちゅがうらやむようなものだった。

ちなみに沖縄特有の魚は色鮮やかで見た目が奇抜なものも多く、「それ、食べられるの?」と思うひとも多いとか。

実際に釣り上げたマクブやアカジンを、恩納村にある沖縄ダイニング我空我空(わんから)のご厚意で調理してもらったが、どれもこれもメチャクチャ美味。

個人的にはマクブが最高でした!

沖縄での水上バイクフィッシングで釣り上げたマクブとアカジンを恩納村のレストランで美味しく食べる
アカジンの香草焼きにマクブのお刺身など、大変美味しゅうございました。

もし沖縄の海で水上バイクに乗る機会があれば、ぜひフィッシングにもチャレンジしてみてほしい。

そしてうちなーんちゅの釣り人のみなさん、次はぜひとも抱えるぐらいのガーラをよろしくお願いします!

オートヒラカワ

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら
沖縄で水上バイクからアカジンミーバイ(スジアラ)を釣る
最新情報をチェックしよう!