トップライダーによるFXシリーズの評価は?【ヤマハ新型FXシリーズ徹底解剖:試乗インプレッション編】

ヤマハMJ-FX Cruiser SVHOタンデム走行

トップライダーによる試乗インプレッション

革新的なタッチパネル式ディスプレイや走行時の快適性を高める新機能といったわかりやすい部分に目が行く新型MJ-FXシリーズだが、フルモデルチェンジというだけあってもちろんハルも新開発。

外観デザインが従来よりもスポーティでアグレッシブな印象に生まれ変わっているが、その走りはこれまでどおりキング・オブ・クルーザーの名にふさわしいものなのか。

それともこれまでとは異なる、スポーツ性の高い走りに仕あがっているのか。トップライダーの生駒淳さんにFX Cruiser SVHOに試乗してもらい、その走行性能について率直な感想を語ってもらった。

スポーツモデルにひけをとらない旋回性能

「新しいFXシリーズにはじめて乗ったひとは、“すごい曲がる”というのに一番衝撃を受けるんじゃないかな、と思いました。それぐらい旋回性能が高くなっています。ハンドルを切った瞬間にスパッと鋭角に入っていって、ノズルがものすごく切れているような感覚でグイっと曲がっていきます。今までFXシリーズに乗っていたひとも、きっと驚くと思いますよ」

ヤマハMJ-FX Cruiser SVHO走行
新開発のFXハルは、従来のチャインに加えてハルのV角を途中から鋭角にするセカンドチャインを新設。旋回性能を向上させるとともに、旋回中にバンクしやすくすることでライダーへの横Gを軽減。またストライプの位置を最適化することで、走波性を向上している。

どちらかというと安定性や快適性のイメージが強いMJ-FXシリーズだが、生駒さんが真っ先に口にしたのは旋回性だった。事実、新開発のハルはV角(デッドライズ角)が途中から鋭角になっており、さらに丸みのあるラウンドキールの採用により従来モデルよりも旋回性を高めている。つまりクルージングモデルというよりも、スポーツモデルのような走りの味付けになっている、ということだろうか?

ヤマハFX Cruiser SVHOライドプレート

ヤマハFX Cruiser SVHOスポンソン
ライドプレートは専用設計、スポンソンはGP1800と同一形状となる。

「前のFXシリーズよりも旋回中にバンクしている感じがあるので、横Gによるライダーへの負担は軽減されていると思います。それとハンドルを切った瞬間は鋭角にスパッと曲がるんですけど、そのあとは少しリアが抜けていくんですよね。

ハルのV角が“途中から”鋭角になっているのが理由だと思うんですけど、これはFXシリーズらしさというか、クルージングモデルらしい味付けだと思います。V角が全部鋭角だとたしかにレールの上を走っているような旋回が可能になりますけど、その分ライダーへの負担も大きいですからね。ちょうどいい落としどころに持っていってる、という感じです」

次ページ:3人乗っても意のままに操れるFXハルのポテンシャル

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら