満足度NO.1 !? 2020 BRPシードゥGTR 230

2020 BRPシードゥGTR 230走行

手の届く高性能モデルがさらに進化

このモデルに対してみなさんがどのような印象を持っているか定かではないが、個人的には「手の届く高性能」という評価がしっくりきている。コンパクトなGTI ハルと230 馬力(デビュー当時は215 馬力)を発生する過給器付きエンジンの組み合わせにより、その走行性能はハイエンドモデルに肉薄するほど。

2020 BRPシードゥGTR 230デカール

2020 BRPシードゥGTR 230デカール

特に加速性能は秀逸で、まさに爆発的という表現がよく似合う。それでいてレギュラーガソリン仕様でランニングコストを抑えられ、さらにミドルクラスの枠に収まる本体価格と、言うなればオトク感の高いモデルともいえるだろう(某牛丼チェーンのキャッチフレーズが思い浮かんだけれど、怒られそうなので明言はしないでおこう)。そしてGTR 230 の加速性能は、モデルチェンジでさらに向上した。

次ページ:軽量な新型ハルがさらに刺激的な加速を実現

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら