2020 BRPシードゥ「GTR 230」試乗インプレ

GTR 230走行

ミドルクラス2機種がフルモデルチェンジ

超軽量素材のポリテックや、抜群の安定性と走行性能を両立したST3 ハル、Bluetooth 接続の専用オーディオ、広大なスイムプラットフォーム、様々なアイテムをワンタッチで装着可能なLinQ システム、防水スマホボックスなどなど。SEA-DOO だけが実現するマテリアルやハル、そして装備というのはいくつもあり、毎年のように新しいナニカを提供してくれる。今年はいったいどのようなサプライズがあるのだろう。そんな期待のなか発表されたのが、ミドルクラスのフルモデルチェンジだった。しかも既報のとおり、その内容がこれまたすごい。簡潔にまとめるなら、これまでのノウハウや上記の独創的な機能をふんだんに盛り込み、それでいてお値段は……!! ということで今回は、フルモデルチェンジで生まれ変わったGTR 230のインプレッションからお届けしていこう。

手の届く高性能モデルがさらに進化

このモデルに対してみなさんがどのような印象を持っているか定かではないが、個人的には「手の届く高性能」という評価がしっくりきている。コンパクトなGTI ハルと230 馬力(デビュー当時は215 馬力)を発生する過給器付きエンジンの組み合わせにより、その走行性能はハイエンドモデルに肉薄するほど。特に加速性能は秀逸で、まさに爆発的という表現がよく似合う。それでいてレギュラーガソリン仕様でランニングコストを抑えられ、さらにミドルクラスの枠に収まる本体価格と、言うなればオトク感の高いモデルともいえるだろう(某牛丼チェーンのキャッチフレーズが思い浮かんだけれど、怒られそうなので明言はしないでおこう)。そしてGTR 230 の加速性能は、モデルチェンジでさらに向上した。

GTR 230外観
ポリテックGEN 2 を使用した新型GTI ハルを採用。 約16kg の軽量化により、持ち味である爆発的な加速性能 がさらに向上。
GTR 230ハルアップ
おそらくSPARKと同様にアンダーハルの交換も可能。接触の可能性が高い部分は剛性を高めるため内部をFRPで補強。

軽量な新型ハルがさらに刺激的な加速を実現

 エンジンはハイエンドモデルのROTAX 1630 ACE が新たに採用され、排気量が拡大。最新のテクノロジーを採用したエンジンだけに燃焼効率や信頼性の面でメリットがあるのは間違いないが、最大出力は従来と変わらず230 馬力のままとなっている。それなのに加速性能が向上しているのは、ポリテックの採用による大幅な軽量化が最大の要因だろう。SPARKなどにも採用される超軽量素材に変更したことで、従来モデルとくらべて約16kg の軽量化に成功。これにより爆発的な加速性能はさらに磨きがかかった。

GTR 230ハル
フロントバンパーの下部が手を掛けられるデザインに。陸上での運搬時にも役立つ(その用途が正しいかは不明だけど)。
GTR 230エンジン
エンジンはハイエンドモデルと同型のROTAX 1630 ACE(1630cc)に変更。最大出力と使用燃料は従来と変わらず。

ライポジの低重心化で人馬一体の操船が可能に

そしてもうひとつ、乗り込んですぐにわかる変更点がライディングポジションの低重心化だろう。スペック上の全高は従来モデルより約19mm 高くなっているが、フットエリア(特にライディング時に足を置く部分)がかなり深くなっている印象で、目線が低くなっているように感じられた。膝周りが細く絞り込まれたエルゴロックシートと相まって、より一体感の高いライディングが可能になっている。今回は平水面での試乗となったため、軽量で従来よりさらにコンパクトになったハルは波のなかで跳ねやすい? というのは今のところわからないが、人馬一体のライディングを可能にする新型GTR なら、荒れた水面でもきっと乗りこなせるこ とだろう。

GTR 230防水スマホケース
グローブボックスには防水スマホボックスを内蔵。オプシ ョンで充電用のUSB ポートも取り付けられる。
GTR 230グローブボックス
ST3 ハ ルモデルとは異なり、手前にはペットボトルが立てて入れられ るほどの深さがあるストレージを用意。

装備と機能の充実により満足度はシードゥ随一に

そして走行性能の進化はもちろん、新たに装備類が追加された点も見逃せない。オプションだがオーディオの取り付けも可能で、スピードレギュレーター(速度維持機能)やVTS、各種走行モードといった機能も充実。LinQ アタッチメントも採用されているので、拡張性も非常に高い。それでいて、昨年モデルとの価格差は6 万円程度。「え、いいの!?」と思わず目を疑ったが、抜群の走行性能と充実の装備により、GTR 230 はシードゥ随一の満足度になったと言っても過言ではないだろう。

GTR 230リアデッキ
スイムプラットフォームは、利用可能スペースが従来比36% もアップ。もちろんLinQ アタッチメントも採用。
GTR 230フロントストレージ
フロントストレージも大容量で、ストレージ全体の容量は従来の116.6リットルから160.8リットルに大幅アップ。

GTR 230 主なスペックと価格

 2020 BRP SEA-DOO GTR 230
163万5455円+税

GTR 230外観
エクリプスブラック×ネオンイエロー

全長×全幅×全高 3318×1250×1137mm
乾燥重量 351kg
燃料タンク容量 60L
吸気方式 SC+EX IC
総排気量 1630cc
最大出力 230hp
燃料 無鉛レギュラーガソリン
定員 3名

 

 

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら