海で乗ったら、実際どうなの? 2020 BRP SEA-DOO GTR 230

ハイエンドモデルと遜色ない充実の装備と機能

2020 BRPシードゥGTR230のタンデムライディング

また「装備や機能が充実しているので遊びやすそう」というのは、砂盃と木村共通のコメント。さらに木村はこのように続ける。

「RXTとくらべても、装備とか機能は遜色ないんですよね。レースみたいなスポーツ走行をしないひととか、これからパフォーマンスモデルに乗り換えるひととか、ファミリーで楽しみたいひとにはGTRという選択肢もありなんじゃないかなって。船体がコンパクトだから、女性でも扱いやすいですしね。あと、水上のリビングルームですから(笑)。止まっているときも安定していますよ」

2020 BRPシードゥGTR230に装着できるLinQ防水バッグ
2020 年に新たにラインナップされた、LinQ 防水バッグ。ロールトップの防水タイプで、フロントストレージよりも容易に出し入れができるため、GTRとの相性も抜群。容量は40L で、価格は3 万0500 円+税。
2020 BRPシードゥGTR230のグローブボックス
グローブボックスは500ml のペットボトルが立てて入れられるほど深さのある形状。防水スマホボックスも装備されるため、「これは便利!!」と木村もお気に入り。

RXTとGTR、どっちにする?

2020 BRPシードゥGTR 230とRXT-X 300 RS

木村が言うように、GTRの装備と機能は上位モデルのRXTと遜色ない。ウェイクスポーツ用のスキーパイロンも簡単に着脱できるし、さらにレギュラーガソリン仕様だからランニングコストも優秀。

また今回はRXT-X 300 RSとGTRの2艇で出航したが、砂盃は「軽快感はGTRの方が上だね」と高評価。平水面での走行性能は馬力で勝るRXTに軍配があがるが、海でのツーリングなら「乗り手の技量にもよるけど、GTRでは周りのみんなに付いていけない、なんてことにはならないと思う」という。

両者の価格差は50万円強。どちらを選ぶか、悩ましいところだ。

2020 BRPシードゥRXT-X 300 RSと砂盃肇

次ページ:2020 BRP SEA-DOO GTR 230

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら