2020 BRP SEA-DOO RXT-X 300 RS試乗インプレッション

シードゥ史上最高のレジャーモデル

2020 BRPシードゥRXT-X 300 RS走行
Rider:生駒 淳

2012 年にRXP-Xがデビューし、現在に至るまでレースシーンを席巻し続けているのは周知の事実。

圧倒的にレースのイメージが強いモデルといえるが、一方でBRPはFISH PROやWAKEシリーズといった、遊びに特化したモデルも積極的にリリースしている。

また近年BRPが生み出した革新的な装備や機能は、どれもレジャーのなかでこそ活きるようなものが多く、ダイレクトアクセス・フロントストレージなどはその最たる例といえるだろう。

つまり「ブイを回るならRXP-X があるからそちらをどうぞ、という感じ。それ以外のモデルは、別のベクトルを向いて開発しているのかな」というメーカーの意図があるのではないだろうか。

インプレライダーの生駒 淳は、RXT-X 300 RSに試乗してそのように感じたという。

2020 BRPシードゥRXT-X 300 RS
MG MARINE試乗艇|試乗希望者は、電話で予約を。MG MARINE047-370-1501

2020 BRPシードゥRXT-X 300 RSのエルゴロックシート

2020 BRPシードゥRXT-X 300 RSのアングルフットウェル
ニーグリップしやすいエルゴロックシートと、足を置くことで自然と膝が内側を向くアングル・フットウェルを装備。

2020 BRPシードゥRXT-X 300 RSのST3ハル

2020 BRPシードゥRXT-X 300 RSのST3ハル
幅広でフラットな面を備えるST3ハルは、他モデルとは一線を画す静止安定性を実現。水面にビタっと張り付くような感覚で、タンデムでの安心感も高い。直進安定性を高めるトリムタブも装備する。

充実の装備と機能で遊びの幅が広がる

「300馬力もあるから、もちろんパワーは十分。いや、ツーリングでは十分過ぎるぐらい。

トップスピードも速いから、よーいドンで周りのみんなに置いていかれることなんてもちろんありません(笑)。

ツーリングではこれ以上必要ないぐらいの走行性能なんだけど、このモデルはそこじゃないんでしょうね。

装備や機能を見れば、メーカーがどこを向いて開発したかなんとなくわかるというか。

走行性能を突き詰めるというよりも、いかにして楽しく遊んでもらうかにベクトルが向いているような気がします。

誤解の無いようにもう一度言っておきますけど、走行性能は申し分ない。

それよりも、機能とか装備の方に目が行ってしまうんです」。

2020 BRPシードゥRXT-X 300 RSのリアデッキ

2020 BRPシードゥRXT-X 300 RSのLinQアタッチメント
広々としたリアデッキはウェイクやシュノーケリングの準備をしたり、さまざまなマリンプレイで役立つ。LinQアタッチメントももちろん装備しているため、自分の用途にあったアクセサリーを取り付け可能。

撮影中にフロントストレージからヘルメットを取り出し、「おお~」と感心した様子だった生駒。

走行性能を語る前に充実した装備や機能を褒めたくなるのも納得だが、ST3ハル最大の特徴でもある安定性についてはどう感じたのだろう。

次ページ:色々遊びたいひとには最高のモデル

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら