2020 BRP SEA-DOO GTX 170試乗インプレッション

時代にマッチした遊びやすいモデル

2020 BRPシードゥGTX 170走行
Rider:生駒 淳

抜群の安定性を誇るST3ハルと、スムーズな吹け上がりで燃費も良い自然吸気エンジン、そしてシードゥならではの先進の機能や装備と、トータルバランスにすぐれたモデルといえるGTX 170。

2020年モデルは従来の155馬力から170馬力に出力が向上し、より軽快な走りが可能に。

燃料タンク容量も70Lに増加したわけだが、日本有数のトップライダー、生駒 淳にはこのモデルはどう見えたのだろう。

「まず目がいくのは、装備の充実ぶりですね。ストレージは使いやすくて、ヘルメットも難なく収納できるぐらい容量もたっぷり。

オーディオも付いていたり(有無を選択可)、リアにはクーラーボックスとか燃料携行タンクも付けられるから、遊びたいひとにはうってつけのモデルですよね」

2020 BRPシードゥGTX 170のメーター
GTX 170を含む2020年のST3モデルは、燃料タンク容量が従来より10リットル増加。またモデル名のとおり155馬力から170馬力にアップされ、エンジンは1630ccのROTAX 1630 ACEに変更。目には見えないマイナーチェンジながら、着実な進化を遂げた。

2020 BRPシードゥGTX 170のダイレクトアクセスフロントストレージ

2020 BRPシードゥGTX 170のグローブボックス
シートに座ったままアクセスできるダイレクトアクセス・フロントストレージは、一度使ったら便利さのとりこに。グローブボックスには防水スマホボックスを装備(充電用USBポートはオプション)。

シードゥ最高峰の装備と機能を誇るGTX 170なら、様々なマリンプレイを快適に楽しめるのは間違いない。

また幅広で抜群の安定性を誇るST3ハルは、「タンデムでも安定するでしょうから、ツーリングでも快適だと思います」と生駒も太鼓判を押す。

2020 BRPシードゥGTX 170のシート
過給モデルのGTX LIMITED 300と同じく、GTX 170にも定員分のハイバックと着座スペースが用意されたエルゴロックシートを装備。
2020 BRPシードゥGTX 170のBRPオーディオプレミアム
Bluetoothで接続するBRPオーディオプレミアムは、装備の有無が選択可能。

近年はツーリングを楽しむユーザーが多く、メーカーもそれを強く意識して開発して
いるように感じられるが、生駒もGTX 170に乗ってそれを実感したという。

「旋回性とか直進安定性とか、走りに対してシビアなひとにはRXPが用意されているわけで、すべてのモデルに極限のハイスペックは必要ないですよね。

それよりも今は“遊びやすい”モデルの方がウケると思います。

そういう意味でもGTX 170は、時代にマッチしたモデルに仕上がってますよね」

2020 BRPシードゥGTX 170のリアデッキ
広々としたリアデッキには、専用アクセサリーをワンタッチで脱着できるLinQベースを装備。
2020 BRPシードゥGTX 170のリボーディングステップ
水からの再乗船を容易にするリボーディングステップを標準装備。広々としたリアプラットフォームと相まって、あらゆるマリンプレイが快適に楽しめる。

現代のPWCユーザーにとって、GTX 170は最高の相棒になり得る存在といえそうだ。

これまでにも“個人的イチオシ”とあちこちで言ってきたが、トップライダーの後ろ盾をもらえたし、今後はよりいっそう推していこうと思う。

GTX 170、オススメです!!

2020 BRP SEA-DOO
GTX 170 Specifications

2020 BRPシードゥGTX 170
Beach Blue Metallic and Lava Grey
全長×全幅×全高 3,451×1,255×1,138mm
乾燥重量 352kg
燃料タンク容量 70リットル
吸気方式 SC+EX IC
排気量 1630cc
最大出力 170hp
減速&リバース iBR
定員 3名
燃料 無鉛レギュラーガソリン
メーカー希望小売価格 1,653,636円+税(オーディオ無し)
  1,739,091円+税(オーディオ有り)

BRPジャパン

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら