生駒 淳の海外レース参戦記#04│TACLOBAN INTERNATIONAL JET SKI RACE 2019

生駒 淳の海外レース参戦記#01│JET SKI PRO TOUR 2019 ROUND 1
生駒 淳の海外レース参戦記#02│JET SKI PRO TOUR 2019 ROUND 2

生駒 淳の海外レース参戦記#03│JET SKI PRO TOUR 2019 ROUND 3

絶対に勝ってはいけない戦いが、そこにはある!

TACLOBAN INTERNATIONAL JET SKI RACE 2019  
PHILIPPINES TACLOBAN CITY
フィリピン タクロバン
2019年6月12日~14日
  • TEXT:Jun Ikoma 生駒 淳

フィリピンの親友BJと

2019年6月11日(火)~12日(水)【出国~会場到着】
フィリピンタイムに翻弄され、半日を棒に振ることに

今回は、フィリピンでのタクロバン・インターナショナル・ジェットスキーレース2019に、自分とチームマネージャーの秋本さんで行ってきました。6月11日の18時に成田空港を出発して、フィリピンのマニラには22時ぐらいに到着。この日は、マニラで宿泊です。

翌朝は、フィリピンの親友BJがホテルまで迎えにきてくれるはずだったのに、いつまでたっても連絡なし……。チェックアウト時刻になったので、一度外にでることに。

近くのショッピングモールで時間をつぶしていると、ようやくBJから連絡が。14時過ぎに迎えに来るというので、近くの日本料理屋で食事をしていたら、知り合いの日本人にバッタリ合うというプチ奇跡が。世の中、狭いですね(笑)。そしてBJがやって来たのは、結局15時前。やっぱりフィリピンタイムです。これならもう1日遅く出発しても良かったかな……。

タクロバンの空港

BJとメカニックの2人と合流して、マニラからタクロバンまで1時間半のフライトです。タクロバンの空港ではBJの友だちが迎えてくれ、レース会場まで連れて行ってくれました。

会場は飛行機からも見えた(というか真上を飛んだ)場所で、空港から15分ぐらいとかなり近場。無事にマシンも届いてたので、ひと安心です。BJの会社の従業員が40時間以上かけて運んでくれたみたい。申し訳ないというか、ありがたい限りです。夜はBJの会社の従業員10人と、みんなでシーフード料理を食べに行ってホテルに戻りました。

2019年6月13日(木)【レース前日】
フィリピンタイム、再び。

フィリピンの水上バイクレースの看板

朝8時にホテルを出発予定だったのに、またまたフィリピンタイム。9時過ぎに集まりだして、ホテルを出たのは10時過ぎ。こんなにルーズでまともにレースができるのかな? って感じです(笑)。

レース会場に着いてからは、マシンのテスト。といっても、今回のマシンは2019年モデルのヤマハMJ-FXで、スーパーチャージャーもポンプもハンドル周りも、すべてノーマル。変更したのは、SEのスポンソンIKOMAモデルとインタークーラー、SOLASインペラ、エアクリーナー、グリップぐらいで、ECUはIKOMAオリジナル(自分で書き換えただけ)という仕様です。

2019年モデルのヤマハMJ-FXだったら、IKOMAスポンソンさえ付いていればノーマルでも勝てる自信はあったし、今回はメカニックがいないので、とにかく壊れないことが最優先。だからマシンのテストも、調子が悪くないことを確認したらあっさりと終わりです。

自分のプラランは午後なので、まだ時間はたっぷりあります。せっかくなので、レース会場を散歩してみました。

自分たちのテントの隣にいたのは、マニラの超お金持ちのポール。今回はKOMMANDERのレースボートを用意して、タイのプロアマスキーで昨年チャンピオンになったヌタコルンをライダーに呼び、2人でスペア艇も含めて3台と万全の体制。ポールと会ったのは何年振り? ってぐらい久しぶりだったけど、お互いフェイスブックでは良く見ているから、そんな感じもまったくなく「良く見てるよー」みたいな感じで挨拶。ヌタコルンはタイで同じチームなので、こちらはリアルに毎月会っています(笑)。

そして日本勢の東野さんと豊田さんにも久しぶりにお会いして、情報交換。といっても、自分は情報をもらうばかりですが(笑)。

そうこうしているうちに、午後のプラランがスタート。んー、波が凄くて、マシンの状態がまったく分かりません。エンジン回転数も跳ね過ぎてまったく分かりませんでしたけど、調子は悪くなさそうなので早々に切り上げました。

タクロバンの水上バイクレースにエントリーする生駒淳

19時からエントリーが始まったのですが、出場予定だったプロアマ・ランナバウト・オープンは、なんとクラス自体が無くなったそうです。フィリピンでターボ艇を持っているのはBJとそのチーム員だけらしく、他のライダーからのクレームでクラスをなくされ、アマチュア・ランナバウトLTDだけになったとか。

ちなみにこのレースはシリーズ戦なんですけど、BJがシリーズチャンピオンになるためには、今回のレースで優勝することが絶対条件。さらに、ライバルが3位以下にならないといけない。つまり今回、BJが優勝してもライバルが2位だと、シリーズチャンピオンにはなれない……。ということで、BJを優勝させてライバルを3位にするために、日本から自分が呼ばれたのです。そう、今回は忖度レースなんです(笑)。

そのかわり、BJが出ないマスターとエンデュランスは、本気で走ってもいいと。2クラス優勝できれば、親友のためにひとつぐらいは忖度してもいいでしょう(笑)。

ライダーズミーティングで熱弁を振るうジャスティン・リーさん

エントリー終了後は、そのまま食べ放題のウェルカムパーティとライダーズミーティングだったのですが、ここでタイのシリーズ戦でもスターターを務めるジャスティン・リーさんが、なんとレースの説明を始めました。それも、本当にレースが初めてのひとに向けた説明です。旗の色や意味から、周回の重ね方などなど。そりゃあそこから始めれば、2時間ぐらいかかりますよ(笑)。レース経験者からすれば、そんなこともわからないで走るの? みたいなレベル(笑)。安全のためだと自分は我慢して聞いていましたが、ほとんどのひとは寝ていましたね。いやいや、これを聞くべきなのは君たちだよ(笑)。

タクロバンの水上バイクレースのコース図

そんなこんなでライダーズミーティングが終わったのは22時過ぎで、すぐにホテルに帰って寝ました。

次ページ:【レース1日目】文化の違いに、唖然呆然。

水上バイクやボート、各種マリンスポーツの新鮮情報をお届けする、ホットウォーター公式LINE。雑誌企画『みんなのPWCライフ』への写真投稿もできます。
LINE友だち追加はこちら